特定処遇改善加算取得には現行加算(Ⅰ)~(Ⅲ)までを取得していることが要件

介護職員等特定処遇改善加算(新加算)の取得要件は3つです。

1.現行の介護職員処遇改善加算(Ⅰ)~(Ⅲ)までを取得している

2.介護職員処遇改善加算の職場環境要件に関し、複数の取組を行っていること

3.介護職員処遇改善加算に基づく取組について、HPへの掲載等を通じた見える化を行っていること

 

1.現行の介護職員処遇改善加算(Ⅰ)~(Ⅲ)までを取得している必要があります。

これは特定加算と同時に現行加算にかかる処遇改善計画書の届出を行い、算定される場合も含みます。

特定加算の届出様式は現行加算と別にあります。

2種類の様式が存在します。

介護職員処遇改善(新)加算の要件です。

介護職員等特定処遇改善加算(新加算)の取得要件は3つです。

 

1.現行の介護職員処遇改善加算(Ⅰ)~(Ⅲ)までを取得している

2.介護職員処遇改善加算の職場環境要件に関し、複数の取組を行っていること

3.介護職員処遇改善加算に基づく取組について、HPへの掲載等を通じた見える化を行っていること

キャリアパス作成相談増加(介護処遇改善加算)

介護処遇改善加算の計画取得時に必要な『介護職員が昇給をするしくみ』

いわゆるキャリアパス(キャリアパス表作成、等級表作成、賃金規定の改定)のご相談が増加しています。

当事務所でもご相談をうけたまわっています。是非ご相談ください。